朝一番の歯磨き! (2004.1.22)

ひと昔前は、朝起きてまず歯磨きをするというのが常識でした。残念ながら、その1回だけでOKだったのです。しかし、今は、毎食後と就寝前の歯磨きを励行することを勧められています。特に、就寝中に口の中の細菌が増殖するので、寝る前の歯磨きが一番大切だと言われております。現在の1日4回の歯磨きは、プラークコントロールという考え方に基づいており、ムシ歯予防等には効果を発揮しております。
でも、考えてみてください。就寝中に口腔内の細菌が増殖しているということは、朝起きた時が口の中の状況が悪いということです。最近の歯磨剤の中に、使用後、食事の味を変えないという物も登場してきております。 (これらの製品には発泡剤が使われておりませんので、従来の歯磨剤と使用感は異なります)すっきりした一日を過ごす為にも、朝起きて歯磨きをするという新しい(?)習慣を追加してみては如何でしょうか。