3歳以上の愛犬の8割以上が歯周病

3歳以上の愛犬の8割以上が歯周病にかかっていると言われています。この歯周病を放っておくと、歯を失うだけでなく、あごの骨が折れたり、血栓症や糖尿病などの重い病気を引き起こす原因になるとも言われております。我々人間と同じように、毎日、歯磨きをしていても、着色ヨゴレや歯石は付いてしまいます。これを除去するには、動物病院などで行ってもらうか、「犬口ケア」シリーズをご活用ください。

歯磨きのアドバイス

ワンちゃんが嫌がる…という理由で諦めないで、段階を追って根気強く行動(ケア)していけば、歯磨きができるようになります。

ワンちゃんがリラックスした状態で口元を触らせることに慣れさせましょう。

「ゆび歯ぶらし」や「歯ブラシ」に愛犬の好きな匂いや味を付けて、それを舐めさせ、徐々に慣れさせましょう。

牙から徐々に奥歯に移動するように磨きましょう。また、歯ぐきも磨いてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました